満ちたり 欠けたり
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
夢のような時間の中の感謝
挙式からすでに10日を迎える。

過ぎてしまうのはあっという間(師走だし特に感じる)

でも、しあわせの余韻はまだまだしっかり続いてる。


そんなしあわせな時間の続き、パーティーでのこと*


香取神宮からそれぞれの車で1時間ほど掛けて
パーティーを行うレストランへ。

そこは33年目を迎える地元にある仏蘭西料理のレストラン。

夫がこどもの頃、小学校の通学路としてお店の脇を通っていたそうだけど
一度も入ったことがないのだという。

昔はオーナーが厳しい人で子供の入店を禁じていたらしく
地元での評判もイマイチだったらしい。

オーナーが変わり子供向けのメニューやレストランウエディングなど
新しいことをやるようになって、雰囲気に負けない素敵なレストランになったのだそう。


わたしは前々からレストランのホームページを眺めては『素敵☆』とときめいて
記念日などで利用出来たらなーと憧れてきたお店。

レストランウエディングのレポも結婚式の話が出る前から舐めるように眺めていた。


以前もちらっと書いたけど、ただの会食の予定でいたら貸切出来ることになり
そのままウエディングの流れでパーティーをすることになったのだった。

香取神宮に続き、かねてからの念願叶ってあこがれのレストランでのパーティー。


入場曲は夫が希望したモーツァルトのピアノ協奏曲。
(ちなみに前回モーツァルトをフランス人と書きましたが誤りでした←夫指摘)

静々と二人入場。

和装では夫の後ろを歩いていたけど、今度は腕を組んで。






ああ、やっぱりウエディングドレス着てよかった!

てか、ちゃんと完成して良かった!(←前夜の1時頃仕上がった)


ブーケってイメージではなかったので小さなカゴにお花盛って花かごに。






後ろ姿はシルクリボンで編上げに。

ドレスがスカートの重みでウエストまで落ちてしまうので
肩レースの下に肩紐を仕込んだ。


身内だけの小さなパーティー。





わたし達の正面にメイちゃんが座っていて
モリモリ食べたりお喋りしたりして、場の空気が常にほんわか。

わたし達が主役というよりメイちゃんが主役みたい。

でもみんなの温かな雰囲気とか笑顔とか両家の緊張をほぐすのに
一番大きな役割を果たしていたから納得の主役。


余興などないけれど唯一のイベント、ケーキ入刀。





家族で分け合うのにちょうどいいサイズのかわいいケーキ。


事前の打ち合わせではなかったのだけど
せっかくだからファーストバイトも、促されてやることに。


そしたら…





口に入りきらないサイズのケーキを食べさせられてもがくわたし。

普通は花嫁さんの口に合わせるんだよー!もごもご。


ファーストバイトとは食べさせっこをするのだけど
新郎から新婦に食べさせるケーキには

『一生食べるものには困らせません』と言う意味があり


新婦から新郎に食べさせるケーキには

『一生美味しいものを作ります』という意味がある。


大抵は新婦さんには一口サイズで新郎へは巨大って流れが多い(うちの式場では)

どうも夫は『一生食べるものには困らせないぞー』と思ったのと
パーティーを取り仕切って下さったお店のマネージャーさんが

『愛情の大きさ』と言ったものだから一口では入りきらない大きさになったのだという。


大きな愛情の証だったのね。もごもご。

この先、食いっぱぐれることはなさそうです。


なのでわたしも倍返しで(笑)





パーティー後、マネージャーさんに

「ファーストバイト、とても良かったです。
新婦さんからあんなに大きな一口を食べさせてるの初めて見ました」と言われた。

淡々と食事をしていたなかで盛り上がるイベントが出来て良かった。


と思ったら終盤、メイちゃんがわたし達にプレゼントを持ってきてくれた。

丸いガラスに入った、ブリザーブドフラワー。





前々からプレゼントを渡す練習をしてこの日を迎えたのだそう。

メイちゃん、ありがとー


そんなメイちゃんはお腹がいっぱいになると飽きてしまって
みんなの周りをウロウロ。

義父に「あそぼー」と声を掛けていた。(義父はすでにメロメロ)


ケーキが切り分けられて来た時、メイちゃん用のケーキが大人と同じサイズだったので
「小さめにしてもらえますか?」と一旦下げてもらったら
なんで下げられたのか理解出来ないメイちゃんは、ずーっと厨房がある後ろを見ていた。

デザートは別腹、の別腹度合いが半端ないメイちゃん。


最後に両親へ花束贈呈をして写真撮影をしていたら
部屋の隅で愚図り出すメイちゃんを発見。

花束を渡しているのを見て
もう一度わたし達にブリザーブドフラワーを渡したくなったのだそう。


なので再びお花を受け取る(笑)


最後は二人で一旦退場してから入口でお見送り。

お菓子を手渡していたらメイちゃんが真っ先に飛んできた。





三人での記念写真でもメイちゃん、お菓子しか見ていない(苦笑)


そんな感じで和やかにパーティーはお開きに。

料理も手の込んだものばかりでとても美味しかった。

アンティークな木の雰囲気のお部屋も素敵だった。


周りがみんな笑顔で幸せそうに笑っていて
それがわたし達の結婚式からもたらされているんだと思うと
本当に挙式もパーティーもやって良かったと何度も思った。

念願の香取神宮で挙式して、憧れていたレストランでパーティーもして
白無垢着て、色打ち掛け着て、ウエディングドレスも着て
これ以上ないくらい贅沢な時間。


なんかもう、しあわせすぎて夢の中みたい。


長く披露宴会場で仕事をしてきたけど
「ああ、わたし達にこういうのは無理だな」と常々感じていたからか
結婚式に対して思い描いたことはあまりなく、神前式だけでいいや、と思ってきた。


何より夫が嫌がるだろうしと思っていたし。


わたしの希望を受け入れてくれて本当にありがとう。

家族もみんなで来てお祝いしてくれてありがとう。

思いがけずではあったけど
自分のためのウエディングドレスを作る機会を与えてくれてありがとう。


書き出すとキリがないけど結婚式ってたくさんのありがとうが溢れてくるだね。


わたし達もこの日の感謝の心を忘れずに
これから先もずっと仲良く暮らしていきたいと改めて思った。

共にしあわせを感じられるしあわせに感謝して、幾多の山も乗り越えて
夫婦としての年輪を重ねて行きたい。




(いっぺんにひとつの記事にしてしまったので長文読んでくださってありがとう!)

22:53 挙式のこと comments(2)
スポンサーサイト
22:53 - -
comment
温かい雰囲気が写真から伝わってくるお式ですね☆
レストランも豪華客船の船内みたい?で素敵だー!

それにしてもメイちゃんもあこさんも真っ白ドレスかわゆい(^^)
私ももう一度着たくなっちゃいました(笑)

そうそう、私の方は自覚症状は全くないので元気です!
ただ食生活がちょっとストレスですかねー。
出産まで約2カ月なのでなんとか乗り切ります☆
fuu 2013/12/13 09:24
fuuさん、ありがとうー
そう、パーチーをしたのはおっしゃる通り客船をイメージして作られた
キャビンルームと名付けられているお部屋でした。
元オーナーが海好きだったそうで、いたるところに貝殻などがあって
だからといってしつこくない素敵な装飾のお店でした。

ドレス、せっかく作ったのでもう一度着たいですねー
メイちゃんの小さなお姫様の方が大注目でしたが(笑

もうあと二ヶ月ほどなんですね。
年末年始は何かと慌ただしくやることたくさんですが
体調第一で過ごしてくださいね!

あこ 2013/12/15 23:29

message :