満ちたり 欠けたり
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
二十年前の記憶のカケラ
20年前、二十歳だったわたしは当時江東区にある社交ダンスの衣装の会社に勤めていた。
そこでの仕事はいつも忙しくて、徹夜仕事もしょっちゅう。

わたしは特別に終電で帰ることを許されていたけど
他の社員は終わるまで帰れないのが当然となっていて
何日も帰宅していない先輩社員が「ゴミ出しだけさせて」といったん帰宅し
次いつ帰れるかわからないから、とペットのインコを連れて来たこともあった。

何でわたしだけ特別だったかと言うと専門学校卒業後
19歳で就職したわたしが連日帰宅しないことで母が激昂し
社長に直接電話して「未成年を朝まで働かせるとは何事だ!」と言ったからだ。

当時は「余計なことしないでよ!」と思ったけど
今となれば母の行動も納得できる。

そうとはいえ、みんなが朝まで必死に仕事しているのに
終電で帰って普通に出勤するのは申し訳なく
よく始発で出社したりしていた。

今思えば「なんて体力!」と感動すら覚える。
ま、休日はほぼ夕方まで寝ていたけどね。


そんな二十年前の3月20日。
その日もわたしは一人始発で出勤し仕事をしていた。

当時、CADパタンナーだったわたしはアパレルCADを操作しながら
なんだかやたら救急車のサイレンが聞こえるなあ、と思っていた。

なんかあったのかな…とは思ったけど
そう深く考えず仕事に没頭していた。


9時の就業時間に合わせて総務のNさんと、二三人の社員が出社したが
他の社員がなかなか来ない。

遅れて来た社員が「電車が止まってた」と口を揃える。
同期のSさんは「わたしの後の電車で事故があったみたい」と言っていた。

その時も深刻なこととは思いもせずに
電車の事故でみんな遅れているのだと思ってた。


一時間ほどして出社した社員が「何か駅が大変なことになってる!」と飛び込んできた。
いつも冷静な総務のNさんが営業部屋にある小さなテレビを付けた。

営業部屋のテレビはダンサーのお客様にビデオを見せるために置いているもので
普段テレビとして使うことはなかった。

電波の入りは悪くザラザラした画像と
こもったような音声から漏れ聞こえるとんでもないことが起こっている現状。

みんなで息を詰めて、ただ呆然と眺めていた。


なかなか事態を飲み込むことが出来なかった。

Sさんが「もし一本遅い電車だったら…」と呟いていた。


当時の職場は江東区木場。

地下鉄東西線に乗り換えるために大手町まで日比谷線を利用する社員も多く
みんなで日比谷線から乗り換えの子って誰と誰?と確認しあったり
きっとすぐ来るよ、と言いあったりしていた。

ふと、救急車のことを思い出した。

そうだ、ここから築地近いんだっけ。


幸い、巻き込まれた社員はいなかった。

徹夜で仕事していったん帰宅した社員の多くは定刻に出社せず
午後から出てくる人も多かったのが図らずも幸いしたカタチだった。


自分たちに直接関係のあった出来事ではなかったけど
遅刻して来た社員の中には「乗り換えで異臭がした」と言ってたり
「しゃがみ込む人を見た」と言う人もいて
ヒシヒシと迫ってくるような得体の知れない恐怖を感じたのを覚えている。

結局、なんでもなかったのに記事にするべきかと考えたけれど
あの時一人で聞いていた重なる何台もの救急車のサイレンや
みんなで寄り集まって見たザラザラ画像のテレビが
3月20日の記憶としてわたしの中にこびりついている。


これはそんな記憶のカケラ。

もう二十年。
早い解決を願う。。


23:43 日々のコト comments(0)
投稿のテスト
JUGEMにiPadでの有効な更新方法について問い合わせしてみたら
iPadからの投稿には対応していないのでPCから投稿して下さいとのこと。

うーん。

そうなんだけど、今はiPadのみにしちゃっているから
ブログ更新のためにPC買うつもりはないのよ。

とりあえず、スマホ版アプリをダウンロードしてみた。

これで写真投稿も出来るなら
アプリで対応してみようかな。

縦型の状態じゃないと使えないのが難点だけど
写真のせられなかったり、文章の手直し出来ないよりは良いかな。

では、テスト写真↓



載ってるかなー
手作りピザ。

19:27 日々のコト comments(0)
春を迎える準備
だいぶ日が空いてしまいました。

只今、ブログのお引越しを検討中。
と言うのも、JUGEMだとiPadからの投稿がものすごーくしづらいから。
写真入れるとレイアウトがたがたになっちゃうし
文章も途中で修正出来ないしでホント不便。

でも、引越し先を決めるのもiPadでの投稿に不自由がないかを
試して見ないと分からないので何となく億劫で延ばし延ばしになって
今に至るという…苦笑

JUGEM自体は気に入っていたから余計に億劫で。

あー、引越ししたくないなー。
でも、本当に使いづらくて毎回困ってるんだよなー。
そうやってグダグダ(笑)

とりあえず、メモに下書きしてからコピペ投稿しているけど
それすら億劫で更新も止まってしまってた。

日々、春へと近づいていることだし
わたしもいつまでも億劫がっていないで新しく進んでいこうかな。

ちなみに職場のブログは時々わたしも書いている。
ライバル店が多いので出来るだけ更新しようとスタッフで交互に書いていて。
ドレス選びについて、とか、偉そうなブログ書いてます(笑)


さて、ぎっくり腰で痛めた腰も今では普通に日常生活が出来るまでに回復。
でも頑張りすぎると痛むのでクセになる前に整骨院へマッサージに通う日々。

ついでに骨盤矯正もしてもらって身体の歪みも修正中。


もう少ししたら桜が咲く。
今年もいっぱい桜見に行けたらいいな。

わたしの大好きな季節。

今は春から幼稚園に通うメイちゃんのスモックと
入園式のお洋服を作るところ。


寒さもあってしばらくミシンに触れていなかったけど
わたし用の春服も作りたい気持ちになって来た。

まずはやるべきことやってからだけど。


先週、夫と静岡へ旅行に行って来た。

きれいな富士山が目の前に広がる景色を堪能。

いっぱい写真も撮ったけど、ココに載せるまでが大変なので
また次回チャレンジして見てダメだったら引っ越し後にアップします。

のんびり待っててください☆
22:03 日々のコト comments(0)
イタタな日々
木曜日のお昼頃、ぎっくり腰になってしまった。

その日はお天気が良かったので朝から張り切って掃除や洗濯している最中
ちょっと横着して重たいものを片手で持ち上げたら突然右腰がグキっと…


幸い、歩き回ることが出来る程度の痛みなので
寝たきりって事態にはならなかったのは良かったけど。


ちょうどここのところ腰が痛いなぁ、と思っていて
整体行こうかな〜とマッサージのチラシ見たり
家にあるマッサージ機内蔵のクッションで腰をゴロゴロしていたところだった。

でも、まさかぎっくり腰になるとは。


一応、前屈みとかひねったりとかすると痛いけど、日常生活はどうにかこなせている。

階段くらいの高さで足を上げるぶんには痛みはないけど
右足を身体に近付ける用に曲げると激痛が走る。


今、一番ツラい動作は右足のタイツを穿くとき。
でもタイツじゃないにしても『穿く』って動作は省けないから困っている。


ぎっくり腰になる前はまぶたが真っ赤に腫れて皮膚科に通っていた。

ようやくまぶたが治ってホッとしたところで
今度はぎっくり腰で接骨院に通院中。


元気は元気だけど、イタタな日々が続いている。


11:30 日々のコト comments(2)
花婚式
 1月23日はわたしたちの4回目の結婚記念日でした。

結婚四年目は花婚式。

「花が咲き、実がなるように」という意味が含まれているのだという。


咲くといいなー。
んで、実るといいなー。


さて、結婚記念日は夫が温泉旅行へ連れて行ってくれました!
場所は伊豆、熱川温泉一泊二日の旅。

温泉三昧!
お魚三昧!!

が、出発日は雨(涙)

なので、どこへも寄らず宿に直行。
露天風呂付きのお部屋を取ったので思う存分気兼ねなく温泉に浸かった。


熱川温泉に夫と来るのは2度目。
結婚前だったから6年くらい前かな。

1月の初め頃、旅行先を夫が熱川にしよう!と提案した時
「色々起こった熱川」と呟いていたので一気に苦い記憶が蘇って来た。

「旅行に行くなら勘当する!」と母に言われたのを押し切って
無理やり旅行へ行ったのだった。

…具体的に書こうかと思ったけど思い返したらドンヨリしてきたのでさらっと。

結局、旅行先でも母への申し訳なさから心から楽しめず
時々泣いたりして楽しみにしていた夫にも申し訳ないことをした旅行だった。


今回の旅行で夫に

「どんな時にしあわせを感じる?」と尋ねたら間髪おかず

「いつも」と返されてびっくりした。


なんだか、この言葉で心に花が咲いた気分。


翌日は真っ青な青空が広がり、植物園でワニと植物を眺め
透き通る伊豆の青い海を眺めながら千葉の小さなお家に戻ってきた。


今回の旅行は心に抱えるものが何もないから本当に心から楽しめて
しっかり前回のリベンジも果たすことが出来た。

もう熱川は苦い思い出の地ではなく、楽しい素敵な思い出の場所になった。


心に花も咲いたしね。

もう、これまでの不平不満は吹き飛んだよ。

あー、この人と結婚して良かった♡なんて思うほどに。


で、あれから一週間近くたった今

「今日お弁当いらないならなんで作る前に言わないのよ!!」と
怒り心頭のわたしがいる(笑)


でも結婚ってこういうことの繰り返しなんだな。

思いやって、でも時々腹を立てて、いつの間にかそれも受け入れて。


そしてまた来年、笑ってどこか一緒に旅行出来たらいいな。

00:45 日々のコト comments(0)
1/46PAGES >>